« December 2008 | Main | February 2009 »

Wowow will broadcast "We Are One" - The Obama Inaugural Celebration at the Lincoln Memorial on 24th Saturday.

Inaugural Slide_839_14883_large

先週日曜日午後にオバマ米国大統領の就任記念行事の幕開けイヴェントとして行われ、50万の人びとが集まった「オバマ大統領就任記念コンサート」が24日(土)午後5:30からWowowで放映されます。
実は、当日HBOが生中継した映像をWowowにすぐに見せてもらい、コンサートの内容を紹介する文章を書きました。Wowowオンラインのこのページで読めます。
まあ、出演順にアーティストと歌った曲を説明している文章なので、番組を観てから読んだ方がいいかもしれませんが。


Pete Seeger, Tao Rodríguez-Seeger & Bruce Springsteen - "This Land is Your Land"

その文章の中でも触れましたが、このことだけはここにも書いておきましょう。
ここでシーガー祖父子とブルースはウディ・ガスリーの書いた〈我が祖国〉の歌詞を全部歌っています。その中には一般的にはあまり歌われていない連もあり、そこにはウディの左翼的な思想が明白に表われています。

そこに僕の行く手を阻もうとする高い壁があった
ここは私有地だと断る看板があった
でも、その裏側には何も書いてなかった
こっちの側が君と僕のためのもの

ちなみに、息子のアーロ・ガスリーは必ずこの連を含めて歌っています。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

Notice: Springsteen lecture in Kamata on Feb 7th

せっかく本を出したことですし、宣伝も兼ねて、いろいろイヴェントをやりたいと考えています。お呼びがかかれば、喜んで伺いますよ。

まず第1弾が決定しました。これは小さなお店でのささやかな集まりになりますので、参加していただける方は予約をされることをお薦めします。
講演となっていますが、スプリングスティーン・ファンに喜んでいただけるように、音や映像は珍しいものも紹介したいと思います。
また、入場料代わりにフードバンクへのカンパを集めますので、ご協力をお願いします。

*****************************************

蒲田アカデミア主催
五十嵐正講演
「スプリングスティーンのアメリカ、オバマのアメリカ」
9・11からオバマ大統領誕生までのアメリカ社会において、音楽はどんな役割を果たしてきたのか。ブルース・スプリングスティーンの音と映像を交えながら、その主張と行動について語ります。

■出演
五十嵐正
(音楽評論家、「スプリングスティーンの歌うアメリカ」著者) 
■日時
2月7日(土)
開場 16:30 開演 17:00
■場所
Bar Journey
(蒲田駅下車徒歩1分のロック・バーです)
03-3739-7154
144-0052 東京都大田区蒲田5 -11-12フェニックスMSビル2F
http://www.barjourney.com
■入場料はワンドリンク(一律500円)の注文だけですが、昨今の日本の厳しい社会状況を踏まえ、スプリングスティーンの長年の社会貢献に敬意を払い、東京で活動されているフードバンクへのカンパを募りたいと思います。
集まったお金は「フードバンク」(http://www.geocities.jp/food_bank2007/HTML/index.html)に寄付します。
■主催の蒲田アカデミアについては以下ご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/kamata-academia/
■予約はこちらまで。
academickamata2007@yahoo.co.jp


Bruce and Barack: The Rising in Cleveland

| | Comments (0) | TrackBack (0)

My Springsteen book is out today!!

「スプリングスティーンの歌うアメリカ
Long Walk Home to the Land of Hope and Dreams」 (音楽出版社)
五十嵐 正 (著) John Wesley Harding (序文)

Bruceobamapostcard_2

本日「スプリングスティーンの歌うアメリカ」が発売になりました。
95年のインタヴューから今月末発売となる最新アルバムのいち早い紹介まで、14年間に書いてきたブルース・スプリングスティーンに関する文章を集めました。
日本盤のライナーノーツや雑誌の寄稿が基になっていますが、全面的に手を入れ、再構成してあります。巻頭の「バラク・オバマとスプリングスティーン、ともに夢見るアメリカのヴィジョン」などの書き下ろしも加えました。
序文は過去30数年でブルースのオープニング・アクトを頼まれた唯一のアーティストでもある、僕の友人ジョン・ウェズリー・ハーディングの特別寄稿です。
お値段も手ごろな1200円に抑えましたので、よろしければご購入くださいませ。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

Link to my forthcoming Bruce Springsteen book!

Happy New Year, everyone!

「スプリングスティーンの歌うアメリカ
Long Walk Home to the Land of Hope and Dreams」
五十嵐 正 (著) John Wesley Harding (序文)

音楽出版社より1月17日に発売!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »