« November 2007 | Main | January 2008 »

Merry Christmas to you all.


Paul Brady & Eleanor McEvoy with Phil Coulter (on Pf) sing the classic Pogues & Kirsty MacColl song "Fairytale of New York" on Irish TV, Christmas 2007.

Free downlord page on Jill Sobule website has her 2007 Holiday Edition now.
It features Jill's most requested Christmas & Hanukkah tunes!
"Christmas is the Saddest Day of the Year" "Jesus Was a Dreidel Spinne" "Merry Christmas From The Family" & "That Hat"
Go to http://www.jillsobule.com/showandtell.html

Nellie McKay's Christmas Songs: "Take Me Away" & "A Christmas Dirge"
Go to http://nelliemckay.com/
(it's free but please donate some money to her supporting causes)

Jim Boggia recreates the Christmas classics of the Beach Boys, Phil Spector & the Chipmunks(!)
Go to http://boggiamusic.podomatic.com/ and subscribe to his podcast.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tonight: My bro's group Collage @28's GINZA (with a little surprise)

今日の今日、当日になってのお知らせで失礼します。
クリスマスの週末で、皆さん既に予定が入ってらっしゃるとは思いますが、銀座にクリスマスの駆け込みショッピングやクリスマス・デートでいらっしゃいませんか? そのまま18時からコンサートはいかがでしょう?

実は僕の兄、五十嵐洋は音楽家です。プロデューサー/アレンジャー/作曲家を長年やっております。
彼の現在取り組んでいるプロジェクトのひとつが、伝統楽器の箏をポップ・ミュージックのコンテクストでフィーチャーしたインスト・グループ「コラージュ」です。
コラージュは日本伝統文化振興財団の企画で、昨年から今年にかけて「KOTOで聴く 日本の歌百選」「KOTOで聴くクラシック」「KOTOで聴くJ-POP」といったアルバムのシリーズを発表してきました。
そして今年に入ってから、五十嵐洋のオリジナル曲でライヴ活動も始めています。
その第3弾コンサートが今日行われます。ゲストに、あの栗コーダーカルテットのリーダー、栗原正己と、ミュージカル女優で、ねこマジのメンバーとしても知られる白神直子の両氏という豪華なゲストを迎えての盛りだくさんの内容となっています。
これで入場料2000円(ドリンク付!)、そのうえ抽選でクリスマス・プレゼントもあります。
・・・で、兄の命令で、オープニング・アクトというか、会場を暖める役で、名ギタリストのMr.ナトソ氏と組んで、恥ずかしながら僕もちょっと出演します・・・。
時間がございましたら、是非ともご来場くださいませ。

collage 28's GINZA ライブ Vol.3 ~新しいスタイルのポップ・インスト音楽、KOTOで奏でるアコースティック・サウンドの世界~
2007年12月23日(日) 18:00Start
28's GINZA(ニッパーズギンザ)~新橋ビクタービルB1F
スペシャルゲスト:栗原正己(From栗コーダーカルテット)、白神直子(ねこマジ)ほか
collage コラージュ:加藤美枝(KOTO)・五十嵐洋(プロデュース、作・編曲、ギター他)・武中章芳(サウンドデザイナー)
collageバンド:齋藤麻理子(Pf)・道祖尾昌章(EB)・三葛牧子(Vln)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LAU's special gig for Digital radio "Unique the Radio" on Dec 10th

Please be sure to check Official Japanese LAU website and Official LAU website (UK).

Img_5884Img_5861

Img_5865Img_5882

Img_5880Img_5886

Img_5890Img_5896

See LAU @Celtic Connections 06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

New video by Uncle Earl (with John Paul Jones)

木曜夜の「百人町音楽夜噺」にご来場いただいた皆さん、どうもありがとうございました。時間が限られていたため、駆け足になってしまいましたが、楽しんでいただけましたか?

締め括りにアンクル・アールの曲をかけたとき、ちょっと触れた彼女たちの最新ヴィデオがこれです。プロデューサーのジョン・ポール・ジョーンズも登場。終盤に4人のクロッギングが見られます。
このチューン「Streak O' Lean, Streak O'Fat」は「夜噺」で奥さんが紹介した20~30年代に活躍したストリング・バンド、スキレット・リッカーズの「Hell Broke Loose in Georgia」としても知られる曲。
彼女たちのヴァージョンでは、毛沢東の好きだった料理がやはり赤身の肉と脂肪分からなる湖南料理「hongshao rou」だったというつながりから、中国に留学していたアビーが中国語で掛け声を加えており、そこからヴィデオも中華料理店が舞台となっています。


Uncle Earl - Streak O' Lean, Streak O'Fat

TVを観ているシェフはアビーのスパロウ・カルテットのメンバーでもあるフィドラーのケイシー・ドリーセン、客に扮するエクストラの中には最近のアンクル・アールのツアーでベースを弾いているローラ・コルテス(本職は歌手でフィドラー)もいますね。

実は先月初め、アビーは中国の帰りに、チック・コリアとのデュオで来日していたベラ・フレックと一緒に過ごすために日本に立ち寄っていました。そんなことを知らず、ベラとチックの出演するブルーノートに向かって骨董通りを歩いていたら、向こうからアビーが歩いてくるじゃないですか。いやあ、びっくりしました。
スパロウ・カルテットの新作は既に完成していて、来春に発売されるそうです。クラシカルな曲も入っていると言ってました。どんなアルバムになっているんでしょうか。楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »