« Ken Loach Film - The Wind That Shakes The Barley | Main | Los Lobos - The Town and The City »

Aimee Mann's Christmas album - One More Drifter in the Snow

日本盤ライナーノーツ担当作。
Aimme_xmas 
『One More Drifter in the Snow』はエイミー・マンにとって初めてのクリスマス・アルバムである。(V2 recordsから11月8日発売)
ニクイのは世に溢れるきらびやかなクリスマス・アルバムとは趣きを変え、あえてロックンロール以前のクルーナー・タイプのポピュラー歌手のアルバムに選曲や編曲を習った「古典的」な作品をねらったこと(特に彼女が参考にしたのは、ジョニー・マティスの58年のアルバム『メリー・クリスマス』だそう)。ただし、それをオーケストラやビッグ・バンドの伴奏でなく、4人のバンドと録音したところがミソだ。プロデューサーは彼女のバンドの長年のベース奏者、ポール・ブライアン。
収録曲の内6曲はクリスマスのスタンダード曲。残りはジミー・ウェッブや夫のマイケル・ペンの曲が取り上げられ、書き下ろしの「Calling on Mary」で締めくくられる。異色なのはDr.スースの『グリンチはどうやってクリスマスを盗んだか』からの曲で、友人のグラント・リー・フィリップスとの共演。グラント・リーは音楽活動と並行して人気TVドラマ『ギルモア・ガールズ』に準レギュラー出演するなどの俳優業もやっているので、達者な役者ぶりを披露している。
Aimee_xmasimage2Aimee_xmasimage1

Aimeeitunesimage 
iTunes Originals - Aimee Mann CD&DVDコンボのライヴ・アルバムの日本盤も僕がライナーを担当。グラント・リー・フィリップスの最新作「Nineteeneighties」は80年代の曲のカヴァー・アルバム。ジョイント・ツアーするなど仲良しのロビン・ヒッチコックの「I Often Dream of Trains」をはじめ、REMやモリッシーなどの曲を取り上げたもの。


マティス、シナトラ、、メル・トーメ、ディーン・マーティンらのアルバムと並んで、本作に影響を与えたとエイミーが認めるのが、ジャズ・ピアニストのヴィンス・ガラルディが音楽を担当した『チャーリー・ブラウン・クリスマス』のサウンドトラックである。

Aimee Mann related entries from my previous posts
Aimee Mann's free d/l track @amazon.com
Aimee Mann "The Forgotten Arm"
Tickets for Glenn Tilbrook tour are now on sale!
Photos from SXSW05 in Austin part6: Showcases (March 19th)

|

« Ken Loach Film - The Wind That Shakes The Barley | Main | Los Lobos - The Town and The City »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Aimee Mann's Christmas album - One More Drifter in the Snow:

« Ken Loach Film - The Wind That Shakes The Barley | Main | Los Lobos - The Town and The City »