« December 2005 | Main | March 2006 »

More info about the Bono book

ボノの単行本の発売日、定価などの詳細が最終決定しましたので、お知らせします。
邦題はわかりやすく「ボノ インタヴューズ」になりました。
3月24日発売です。500ページ近くあって、本体価格2500円ですから、お手頃ではないでしょうか? 是非ともお買い求めくださいませ。

bono_1
書名:「ボノ インタヴューズ」
原題:Bono on Bono:Conversations with MICHKA ASSAYAS
著者:ミーシュカ・アサイアス
訳・監修:五十嵐正
A5判/488ページ
定価:2,625円(税込)
3月24日発売
発行:リットーミュージック
ISBN 4-8456-1300-X

| | Comments (2) | TrackBack (4)

New albums from Dylan & Springsteen

ディランとスプリングスティーンの新作のニュースです。
詳細はローリング・ストーン誌の記事を読んでください。
Dylan, Springsteen Prep New CDs

ディランはレコーディングにとりかかったところ、という状況のようですが、ブルースは
既に全米発売日が4月末に決定しています。
ブルースは半月前ほどから噂で流れていた通り、初めてのカヴァー・アルバム。
「The Seeger Sessions」というタイトル通り、フォーク界の大御所ピート・シーガーの作品及び彼が取り上げてきたレパートーリーを歌った「アメリカン・フォーク・ソングブック」的な内容だそう。
ご存知の通り、ブルースは98年のピート・シーガー・トリビュート・アルバムに "We Shall Overcome"を提供しています。実はその時のセッションで、他にも何曲も録音していたそうで、それがアルバムのベースになっているのは間違いないようですが、今回新たに録音したものも加えられているらしく、現在もまだスタジオで最後の作業中と聞きました。
参加メンバーは、パティ、スージーの他、地元ニュージャージーのミュージシャンが加わっているようで、いわゆるフォーク楽器(バンジョーとかマンドリンなど)が使われているのは当然ですが、ホーン・セクションも入っているようで、ニューオーリーンズ・ジャズ的なサウンドの曲もあるとかないとか。
現時点ではほとんど他に情報が無いのですが、「Devils & Dust」に続き、今回もデュアル・ディスク(CD+DVD)での発売になるそうで、たぶんダニー・クリンチかトム・ジムニーの撮るドキュメンタリー映像がつくようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Robyn Hitchcock & The Minus3 @Scala, London on Jan 25th

Robyn Hitchcock (vo, gtr) with Peter Back (gtr), Scott McCaughey (bass, vo) & Bill Riefin (drs) and special guest Morris Windsor (vo) of the Soft Boys/Egyptians

IMGP3278IMGP3279
Scala is located near King's Cross station; London folk-rock group The Eighteenth Day of May opened the show. Read my short review of their debut album on the imported records page in the Feb issue of Music Magazine.

IMGP3283IMGP3292
Robyn Hitchcock; Robyn with Peter & Morris. It was really great to hear Robyn with jangly electric guitar rock!

IMGP3304
Setlist:"Bells"(="The Bells of Rhymney") is a cover of The Byrds song (written by Pete Seeger); "QOE"(="Queen of Eyes"); "SB's"(="Give it to the Soft Boys"); "Cigs"(="Cigarettes Coffee and Booze") and "Oh Shit"(="Aw Shit Man") are sung by Scott McCaughy from The Minus 5's new album "The Minus 5 (a.k.a. The Gun Album)."

IMGP3308IMGP3310
@the aftershow party, Robyn & Peter; Robyn & Scott sung songs like Dylan's "Odds and Ends" and Johnny Cash's "I Still Miss Someone."

Robyn Hitchcock's latest album "Obliteration Pie," the Japan-only exclusive complilation of new and unreleased tracks and The Minus 5's brand new album, "The Minus 5 (a.k.a. The Gun Album)" [with 2 Japan-only bonus tracks] are available now from Oak Tree Records!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photos from Celtic Connections 06 pt.5...The Rambling Boys

KIF_7996KIF_8010
Gibb Todd; Archie Fisher

KIF_8054KIF_8073
Brian McNeill; McNeill & Gaughan

KIF_8085KIF_8123
Dick Gaughan; J.P. Cormier

KIF_8186IMGP3270
Eric Bogle; Finale by all

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photos from Celtic Connections 06 pt.4...With Strings Attached

Blazin' Fiddles with Eddi Reader, Justin Currie (Del Amatri) and Colin MacIntyre (Mull Historical Society)

IMGP3235KIF_7832

KIF_7939KIF_7965

KIF_7821KIF_7834

KIF_7859KIF_7869

KIF_7876KIF_7907

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photos from Celtic Connections 06 pt.3...Luna records showcase: Chris Difford (ex-Squeeze)

KIF_7735KIF_7748

Chris Difford (vo, gtr), Dorie Jackson(vo), Andy Caine(gtr,vo)

Setlist: "Up The Junction"/"Labelled With Love"/"Take Me, I'm Yours"/"Cowboy Are My Weakness"/"Cool For Cats"

Chris will release the new album(CD+DVD) called "South East Side Story" in April. Recorded live at The Albany Empire, it features many Squeeze classics!!

KIF_7750KIF_7757

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photos from Celtic Connections 06 pt.2

KIF_7513KIF_7510
Young girl group Giveway, which is made up of four sisters.

KIF_7631IMGP3171
"Highland Supergroup" Session A9, led by fiddler Charlie MacKerron; Shetland group Filska feat.Jenna Reid

KIF_7384KIF_7808

KIF_7565KIF_7587
Mairéad Ní Mhaonaigh & Ciarán Tourish of Altan; Breda Smith (of Riverdance fame and sister of Lunasa's Sean Smith)

KIF_7613IMGP3221
Niall Vallely (buille); Nicola, new singer of Grada

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photos from Celtic Connections 06 pt.1

もう1ヶ月ほど経ってしまいましたが、今年も1月後半にグラスゴウに行ってきました。
「ケルティック・コネクションズ」フェスティヴァルから、写真を貼っておきます。

KIF_7209KIF_7198
Beautiful Gaelic singer Julie Fowlis (Dòchas), who just won BBC Radio Folk Awards Horizon Award (Best New Artist); Julie with John McCusker, Ian Carr & Tim Edey

KIF_7424KIF_7527
Jenna Reid, a wonderful Shetland fiddler who is very busy playing with Dòchas, Filska & Deaf Shepherd as well as her own gigs supporting the first solo album.

KIF_7256KIF_7286
James Ross; Ross with Strings section, which consists of Jenna Reid, Anna-Wendy Stevenson & Chris Stout (playing viola here)

KIF_7314IMGP3145
Back of the Moon; Steve Byrne of Malinky, who just released his first solo album.

KIF_7339KIF_7245
Tim Edey (Session A9), who has played with Lunasa, Mike McGoldrick, Anam and more; Kris Drever & Aidan O'Rourke of the new trio LAU. Aidan is also member of Blazin' Fiddles. Kris plays & sings with Session A9 & Fine Friday.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Why this blog has been rarely updated for a while...my translated Bono book is coming out in March.

なんと今年に入ってから初めての更新です。すっかりギャップが開いてしまいました。
その理由は幾つかあるのですが、一番の理由は翻訳に時間をとられていたから。
久しぶりに翻訳本を出します。出版社はリットー・ミュージック。
U2のフロントマンで、「タイム」誌が選んだ「2005年の男」ボノの本
「Bono / in conversation with Michka Assayas」です。
本当は昨年中に終わらせる予定で始まったんですが、他の仕事や取材などの合間の作業ゆえに随分遅れてしまいました。年が明けてU2の来日公演(4/4)が発表され、絶対の締め切りが設定されてしまったので、それから必死にやって、なんとか最初の
訳稿を終えました。やれやれです。

bono_book_cover
[この写真は原書のもの]

ボノが友人のフランス人ジャーナリストのミーシュカ・アッサヤスを相手に、自分のこと、家族のこと、U2のこと、音楽のこと、途上国の債務取り消しやアフリカのエイズ撲滅
などの政治活動のこと、などなどを腹蔵無く語りまくった一冊です。
大金持ちのロック・スターであり、貧困と闘う社会活動家でもあるというボノの抱える
矛盾に正面から向かい合ったところが、この本を非常に興味深くしていると思います。
日本版は向こうで近日発売されるペイパーバック版からいち早く追加の第18章
(「ライヴ8」など、05年の話をしています)も収録。3月の20日前後に書店に並ぶ予定
ですが、詳しい追加情報はまたここでお知らせします。
是非ともお買い求めください。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

« December 2005 | Main | March 2006 »