« March 2005 | Main | May 2005 »

The Stories on "Devils & Dust" (pt.2)

7. Silver Palomino
ブルースが言う「西部、田舎の風景が舞台になっている」曲のひとつ。パロミーノは体が黄金色でたてがみと尾が銀白色の馬である。13歳のときに初めて見かけ、野生馬の捕獲に長けた地元の者もロープをかけられなかったという銀色のパロミーノは、最初は若い主人公にとっての自由や可能性の広がる未来の象徴として用いられているのだろうが、旱魃が彼の家族を襲った夏に母親が亡くなってからは、つかまえられない馬がもう会えない母に重ね合わされる。

8. Jesus Was an Only Son
ブルース風ゴスペルとでも呼べる美しい曲だが、ここではイエス・キリストを神の子ではなく、母親マリアの愛する一人の息子として歌っている。ブルース自身が3人の子供の親である体験が書かせたようだが、その視点によって、このアルバムの中でキリストは苦闘して生きた人間として、他の曲の登場人物と同格に扱われる。

9. Leah
リアという女性と一緒に家を建て、人生を共に歩んで生きたいと歌うが、「より高いところ」「愛の音だけが聞こえる世界」という表現は天国をイメージさせるものでもある。このリアという名前はアズベリー・パークにある行きつけの店のウェイトレスの名前を借りたそうだが、聖書ではヤコブの最初の妻の名前であるし、ロイ・オービスンに同名のヒット曲(62年)もあった。

10. The Hitter
これも『トム・ジョード』ツアーで披露されていた曲。ブルースのストーリーテラーとしての語り口のうまさが特に冴えわたり、物語にぐいぐいと引き込まれてしまう作品だ。生きていくためなら八百長も辞さない賭け試合専門の流れ者ボクサーが、久しぶりに家に戻ってきて、母親に語りかける設定で半生を振り返る。まるで短編小説のような見事な作品である。

11. All I'm Thinkin' About
「俺が思っているのはおまえのことだけ」と歌う軽快なラヴ・ソングだが、歌の背景には南部の田舎の風景が用いられている。ブルースが全編ファルセットで歌うのは、99年の映画『リンボ』の主題歌〈リフト・ミー・アップ〉以来のこと。

12. Matamoras Banks
『トム・ジョード』アルバムの主要なテーマにもなっていたメキシコから不法入国する出稼ぎ労働者たちの悲劇的な物語のひとつ。マタモラスはメキシコ東北部にある港町で、合衆国とメキシコとの国境をなすリオ・グランデ川の河口にある。曲の出だしで2日間川に浮かんで流されてきた死体が登場するが、それはより良い暮らしを求めてメキシコ側から合衆国に密入国しようとしてリオ・グランデで溺れた男の死体である。ブルースはその死体の流れを逆に辿って物語を語り、彼が泳いで渡ろうとしたテキサス州ブラウンズヴィルを向こうに見る反対側の川岸、そしてそこへ至るまでに越えてきた砂漠を経て、恋人との思い出にまで至る。この話を遡るという手法が、悲惨な物語を悲惨なままで終わらさず、希望を感じさせる余韻を残すことに成功しているわけだ。こうしたブルースのソングライティングの見事な技巧を是非ともじっくりと味わってほしい。

bruce_devils_dust

* 営利目的の出版物やウェブサイト掲載の文章への無断引用はお断りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Stories on "Devils & Dust" (pt.1)

本国アメリカでは昨日(火曜)発売になったブルース・スプリングスティーンのニュー・アルバム『デヴィルズ&ダスト』。今日の午後には日本の輸入盤店にも並んでいました。
日本盤発売は連休明けの5月11日になります。DVDの方に字幕を入れる作業などのために、当初目標にしていた連休前の発売はかないませんでした。ただし、米国盤のデュアル・ディスク(片面CD/片面DVD)という新しいソフトが、たぶんカーステの大半、ラジカセの一部でかからない可能性が高いということなので、心配な方はやはりCDとDVDが2枚組の日本盤を待った方がよろしいでしょう。

今回も日本盤のライナーノーツを書かせていただきましたが、3月中旬に締め切りにせかされて短い時間で書いたので、その時点では収録曲全部について解説する文章は書けませんでした。その後じっくりと収録曲12曲を解読しまして、ソニーの資料のために新たに文章を書きましたが、一般のファンの方々はその文章を目にする機会が少なさそうなので、ここにそれを基にした曲解説をアップしておきます。
ブルースの物語歌は実にうまく構築されている見事な作品ばかりなのですが、行間を読ませるところも多く、日本人には訳詩を読んでもなお分かりにくいところがあると思います。少しでも理解の助けになれば幸いです。

1. Devils & Dust
アルバムの幕を開ける表題曲はイラク戦争開戦の時期に書かれたもの。ブルースは「その表題は(アルバムの)すべての曲へのメタファーとして機能する。自分の悪魔と格闘している人びとの個々の物語のね」と語っているが、この曲で内なる悪魔と闘うのはイラクの戦場にいる兵士で、神が自分の側にいると信じ、自分の行為が常に正義であれと願う普通の米国の若者である。そんな彼も死の恐怖にさらされる戦場で生き延びるためには、銃の引き金を引かねばならない。この歌はそんな彼の抱える心のジレンマを描いているのだが、それは同時に現在の米国社会のジレンマでもあろう。主人公をアメリカという国に置き換えて聴けば、「恐怖は力の強いもの」であり、それが「神に満たされた魂を悪魔と砂ぼこりで満たしてしまう」という繰り返しは、同時多発テロが米国民に植え付けた「恐怖」を利用して政策を進めてきたブッシュ政権への疑問とも解釈できるし、「生き延びるための行為が愛するものを殺してしまったらどうしよう」という一節は、対テロ戦争を口実に市民的自由の基本的人権に制限をかけようとする政府への批判とも受け取れる。

2. All The Way Home
元々は盟友サウスサイド・ジョニーの91年のアルバム『ベター・デイズ』に提供した曲。そのときはソウル・バラード調の作品だったが、ここでは歌詞を少し手直し、異なったメロディーを付けて、アップテンポのカントリー・ロック・ナンバーに改作してしまっている。バツイチの女性にもう一度恋愛に踏み出す勇気を促す求愛の歌で、内容的には『トンネル・オヴ・ラヴ』の〈タファー・ザン・ザ・レスト〉によく似ている。
ところで、ケリー候補をあれだけ熱心に支援したあげくのブッシュ再選に、やはりブルースはすごく落ち込んだ時期を過ごしたそうだが、この曲の冒頭の「全世界が見つめるところで失敗したときの気分がどんなものか、僕も知っているよ」という行は、そんな彼の心境にも聞こえる。

3. Reno
曲名になっているネヴァダ州リノは「リトル・ラスヴェガス」とも呼ばれる歓楽の街で、売春が合法化されている。この曲ではメキシコからの出稼ぎ労働者と思われる男が売春婦と寝るが、彼の空虚な心の救いにはならない。売春婦の性行為の写実的な描写に驚く人もいるだろうが、そのおかげで中間部での別れた恋人と過ごした故郷の牧歌的風景の回想との対比が一層鮮やかになっている。

4. Long Time Comin'
この曲は『トム・ジョード』ツアーで既に歌われていた。本作の中で最も賛歌的なロック曲に近い作品。新天地まで旅をしてきて、3人目の子供の誕生間近な男が、「おまえの罪がおまえ自身のものであるように」と親が犯した過ちによって不幸になることのないように息子の将来を祈り、「今度はドジを踏まないぞ」(fuck it upと初めてFワードを使っている)と再出発を期しての決意が歌われる。

5. Black Cowboys
モット・ヘイヴンはNYのブロンクス区にある町。ストリート・ギャングの抗争で多くの若者の命が失われる地域だが、主人公の少年は愛情豊かな母の言いつけを守って、いつも学校からまっすぐ家に帰ってくる。そんな彼は本で読んだ黒人カウボーイに憧れていた。やがて母はドラッグディーラーの男と暮らすようになり、ドラッグに溺れていく。少年はそんな生活に見切りをつけ、男の金の一部を盗んで、本で夢見た西部へ旅立つ。都会のゲットーの現実と西部への夢を対比させたところがユニークな曲だ。

6. Maria's Bed
苦難に満ちた人生を送ってきた主人公がマリアのベッドに救済を見つける。恋人のベッドといえば、セックスを交わす場所であるが、ここでは聖母と同じ名前の女性のベッドだけあって、そこで「爽やかな水を飲んだ」り、鉛の羽根のために空から落ちてきたのを「そこがバラの花園のおかげで救われた」り、そこでは聖者の言う光よりも「輝く光で照らされる」など、そこが聖なる場所ともとれるイメージが次々と登場する。女性の愛情の聖と性の両面を賛美する曲と言えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aimee Mann "The Forgotten Arm"

aimmelying
エイミー・マンのニュー・アルバム「ザ・フォーゴトン・アーム」が日本先行で発売になりました。
日本盤はボーナス・トラック1曲追加。エイミー本人による曲解説やライヴ映像などが観れるサイトへのアクセスなどが特典となっています。初回生産限定デジパックで、32Pのイラストブック付きです。
宣伝用チラシに文章を書いたのですが、スペースの関係で最初に書いた文章をかなり縮めたものが掲載されています。そこで、せっかくですから、元の長さの文章をここにアップしておきます。


  3月にテキサス州オースティンで会ったエイミー・マンの左目下には小さなあざがあった。前の晩のコンサートでは曲間のしゃべりで「女があざをつけていると、人は理由を聞かないのね。憐れむようにこちらを見るだけなの」と自嘲気味なギャグにしていたが、もちろんそれは痴話喧嘩の跡ではない。エイミーは1年半ほど前からボクシングをやっていて、スパーリングでつけたあざなのである。
  細身のクール・ビューティーの彼女がパンチを繰り出す姿はちょっと想像しにくいが、ティル・チューズデイを解散してソロに転向して以来、エイミーがメジャー・レーベルの論理に妥協することなく、毅然として長年戦い続け、インディペンデント・アーティストの成功例の筆頭という現在の地位を勝ち取った経緯を考えれば、彼女の内面には昔からタフなボクサーが住んでいたのかもしれない。
  いや、エイミーのアルバムによく耳を傾ければ、そのことはとっくにわかっていたはず。彼女の洗練された知的な曲の中には常に激しい感情があるからだ。腹立たしさ、不満、控えめな自嘲、落胆、メランコリーといった感情を表現するシニシズムやウィットの混ぜられたメタファー豊かな歌詞がポップなメロディーと融合する。こういった種類のシンガー・ソングライターは女性にはそれほど多くなく、エイミー・マンは傑出した存在である。

  そのエイミーの約3年振りの新作が『ザ・フォーゴトン・アーム』だ。そのカヴァーは殴り合うボクサーのイラストだが、これはヴェトナム帰還兵で麻薬中毒のボクサーとその恋人の物語というコンセプト・アルバムの内容に即したもので、ボクシングは彼らの苦闘のメタファーでもある。このアルバムは主役のカップル、ジョンとキャロラインの関係を彼らの米国横断の旅と共に辿る音楽によるロード・ムーヴィーとなっている。エイミーを一躍有名にした99年の映画『マグノリア』で、全編に用いられた彼女の曲が登場人物の性格描写を大いに助けていたことを考えれば、こういった「小説のような曲集」もしくは「存在しない映画のサウンドトラック」と呼べる新作の登場はそれほど意外ではないだろう。
  一方で、サウンドに関しては新生面を披露している。ジョー・ヘンリーをプロデューサーに迎え、シェリル・クロウのギタリスト、ジェフ・トロットを加えたバンドとスタジオ・ライヴ的に録音された本作は、過去の作品に比べるとアーシーなロック色が濃い。これは70年代という物語の舞台ゆえでもあるし、その時代に南部のヴァージニアで育った彼女のルーツ回帰でもある。これまでのエイミーの音楽は60年代の英国ロック/ポップの影響が強かったが、今回はザ・バンドやサザン・ロック、ニール・ヤングなども意識したと言う。
  ただし、エイミーが特に名前を挙げるアルバムがエルトン・ジョンの『タンブルウィード・コネクション』であるのがおもしろい。というのは、それは英国人のエルトン・ジョン&バーニー・トウピンがザ・バンドの音楽を目指したアルバムだからだ。つまり、英国ロックのフィルターを通したアメリカン・ロックなのであり、エイミーのアプローチにも同様なひねりがあるわけだ。
  昨年秋に米国ではライヴDVDが発売されたし、本作はスタジオ・ライヴ的に録音された。それらが示唆するように、今エイミーはバンドとライヴで演奏することをとても楽しんでいる。とりわけ新作の曲は「ライヴで演奏すると、ファンタスティックなサウンドなの」と言う。そんな言葉を耳にすれば、ティル・チューズデイ時代以来となる悲願の来日公演の実現を期待してしまうのは当然だろう。

aimeecover

| | Comments (2) | TrackBack (2)

R.I.P. Mr.Wataru TAKADA

訃報です。
高田渡さんが16日午前1時30分頃に釧路の病院にてお亡くなりになりました。

渡さんは4月初旬の北海道ツアー中に倒れられ、入院療養中でした。
まだご家族やオフィス側から公式な発表はされていませんが、今日中にご遺体は
東京に戻られるようです。

心から、心からご冥福をお祈りします。

See 「タカダワタル的」ウェブサイト

笑顔の渡さんの写真を掲載しておきます。
97年に大好きなシャロン・シャノンと初対面してご満悦の渡さんです。

WataruSharon
Sharon Shannon & Wataru Takada in 1997 Photo by Tadd

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Gig listing this weekend

何度もしつこい告知ですみません。
本日より3夜連続ですが、よろしければどうぞお出かけください。
会場でお会いしましょう。

Michael Fracasso - A Pocketful of Japan Tour 2005
14日(木)
19:00 マイケル・フラカッソ @Jerry Jeff (東京・早稲田) 03-3208-1839
15日(金)
20:00 マイケル・フラカッソ @Cafe Goatee (鎌倉) 090-8430-9708

Michael Fracasso is coming to Japan!!!!
Working-Class Hero (excerpt) - Dave Marsh on Michael Fracasso
Photos from SXSW05 in Austin part7: Michael Fracasso (March 20th)

Urawa Folklore Center presents
Rattlesnake Annie concert - Live at Akabane Woody's
16日(土) 
19:30 ラトルスネイク・アニー @ 赤羽ウッディズ (東京・赤羽駅南口) 03-3598-4803

Upcoming gig: Rattlesnake Annie concert @赤羽ウッディズ on April 16th

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Bruce Molsky @Twins Yoshihashi on April 10th 05

KIF_2874

KIF_2867

期待以上に素晴らしかったです!
フィドルとバンジョウの名手ということはわかっていましたが、ギターのフィンガー・ピッキングも達者なうえに、ブルーズだけでなく、西アフリカのギター音楽(ブルースはこの名称を口にしなかったけれども、いわゆるパームワイン・ミュージックですね)にインスパイアされたオリジナルまで披露してくれました。
オールド・タイムの有名曲から、ヘンリー・トーマスのおなじみ「フィッシング・ブルーズ」、アイリッシュ・ワルツ、カウボーイ・ソングまでと歌のレパートリーも幅広く、これはもう
「我らが世代のドク・ワトスン」ですな。
早い機会に再来日を実現させましょう!
もちろん、モザイクのコンサートも素晴らしかったですよ。

KIF_2961KIF_2962

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Suzanne Vega @Duo music exchange on April 1st 2005

[Setlist]
Marlene On The Wall
Small Blue Thing
Caramel
When Heroes Go Down
Gypsy
(I'll Never Be) Your Maggie May
Penitent
Solitaire
Blood Makes Noise
Left of Center
The Queen And The Soldier
Anniversary (new song)
Edith Wharton's Figurines (new song)
In Liverpool
Luka
Tom's Diner
-----------
World Before Columbus
Undertow (by request)
-------------
Rosemary

Suzanne Vega (vo & gtr) with Mike Visceglia (bass)

スザンヌの久しぶりの日本公演はレコード・デビュー以来のおなじみのベーシスト、
マイクとの2人でのパフォーマンス。
娘さんの出産以来、ちょっとふっくらしていたスザンヌですが、再びスリムになり、まるでデビュー当時のようでした。
というのは、ウェブサイトのツアー・ダイアリーによると、昨年体調を悪くし、医者の指導の下、砂糖、酵母、アルコールを断っているそうで、そのおかげで痩せたようです。
2人だけのアクースティック・セットだと、驚きは少ないわけですが、これまでは録音されたバック・トラックを使っていたインダストリアル・フォーク・ナンバー(笑)の「Blood Makes Noise」と「Left of Center」を、ギターも置いて、マイクのベースだけで歌うのが新趣向でした。マイクは健闘していましたよ。
譜面台を持ってこさせて新曲を2曲やりましたが、9・11の1年後に書いたという「Anniversary」は実のところ欧州版「Retrospective」(2枚組)に収録されています。

終演後、スザンヌと少し話しました。
昨年は僕の観たNYのJoe's Pub公演から始まった世界ツアーをバンドと共に回ったんですが、今年は夏のツアーもマイクと2人だけで行うそう。
秋以降にニュー・アルバムの録音に入り、来年の発売を予定しています。
今はそれに向けて曲を書いている段階ですが、前のアルバムから結構時間が経ったので、30~40曲分のアイデアがあると言ってました。
サウンドに関しては、プロデューサーにもよるので、まだ何とも言えないとのこと。
彼女は昨年後半にエイミー・マンのマネジャー、マイケル・ハウスマン(ティル・チューズデイの元ドラマー)のマネージメントと契約しており、現在は新しいレコード契約の交渉中ですが、現時点ではブルー・ノートになる可能性が高いようです。(東芝EMIさん、頼みますから、CCCDを早く止めてください! ラジカセが壊れました)

というわけで、レコード契約の谷間にいる状態を利用して、この日のパフォーマンスが7月27日にデュオ・レコードからDVD+CDの2枚組で発売されます。カメラ3~4台で撮っただけの映像作品が定価5000円は正直なところ高過ぎると思いますが・・・。

また、スザンヌに聞いて初めて知ったんですが、昨年10月にイタリアだけでライヴDVD(と本人は言ってましたが、本+DVDという形態のようです)「Giri di parole」が出ています。02年の収録だそうで、通訳が一緒に舞台に立って、彼女の話や詩の朗読をイタリア語に訳しているので、通常のコンサートとは異なった興味深いものになっているわよ、と言ってました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »