« October 2004 | Main | December 2004 »

A fantasy: United States of Canadamerica

Last night I had a strange dream……

 04年末を持ち、現在のアメリカ合州国が分裂。先の大統領選挙で民主党ケリー候補が勝利した「ブルー・ステイト」20州とカナダが合流し、新たにカナダメリカ合州国が05年1月1日に発足することになった。
 約2億9千万人の人口をほぼ二分する今回の合州国の分裂だが、カナダの3千万人の人口を加えたカナダメリカがブッシュ合州国を多くの分野で上回る国力を持つことになり、ブッシュ大統領は世界の指導者の座から滑り落ちることになる。
 カナダメリカの新政権は05年秋に大統領選挙が行われるまで、当分カナダの現政権と米国民主党の集団指導体制になるが、政策の要として以下の3点は既に合意されている。
1. ユニテラリズムを捨て、欧州や国連との協調を第一とした外交を行う
2. 地球の危機を認識し、環境問題を重視する
3. カナダの多文化主義を継続する
 カナダメリカの成立にEUの各国はさっそく歓迎の声明を発表している。また、ここまでブッシュ政権と共同歩調をとってきた英国のブレア政権もこれを期に政策転換を行うと見られている。 
 なお、国の分裂によって米軍は再編を余儀なくされるので、年内にイラクとアフガニスタンから軍を撤退し、NATOが治安維持軍を派遣することが決定している、

 一方、国の半分を失うことになったブッシュ大統領はホワイトハウスにこもって対策に追われている。現在政権内では、他の国の吸収合併による国力回復が真剣に検討されていると伝えられる。ブッシュ大統領の意中にあるのは、失った1億数千万人分の人口と世界有数の経済力を持つ、あの国だという。彼はお互いに盟友と認め合う首相ならば、色良い返事をもらえるだろうと確信している……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Even more photos from Womex 2004

IMGP0929.JPG
Eliza Carthy (England, UK)

IMGP0948.JPG
Gangbe Brass Band (Benin)

IMGP1100.JPG
Sekou Kouyate of Ba Cissoko (Guinea-Conakry)

IMGP1131.JPG
Faiz Ali Faiz (Pakistan)

IMGP1209.JPG
Mahala Rai Banda (Romania)

All Photos by Tadd

| | Comments (1) | TrackBack (1)

More photos from Womex 2004

IMGP0738.JPG
Seu Jorge (Brazil)

IMGP0793.JPG
Renata Rosa (Brazil)

IMGP0852.JPG
Kekele (Congo-Kinshasa/France)

IMGP0922.JPG
My good friends Alberto Cottica & Lady Jessica of Fiamma Fumana (Italy)

All Photos by Tadd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photos from Womex 2004

IMGP0580.JPG
Warsaw Village Band (Poland)

IMGP0591.JPG
Ska Cubano (Cuba/UK)

IMGP0656.JPG
Geno Delafose & French Rockin' Boogie (Lousiana, USA)

IMGP0710.JPG
Legendary record producer Joe Boyd

All Photos by Tadd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Back from Europe

しばしのご無沙汰です。
ヨーロッパに2週間行っていました。

ドイツのエッセンで10/27-31に開催されたワールド・ミュージック・エキスポ Womex2004に参加した後、イタリアのミラノ、英ロンドンに数日ずつ滞在し、帰ってきました。

Womex04 の模様は「ラティーナ」誌などに記事を書く予定です。
(ちなみに、現在店頭に並んでいるラティーナに7月のヴァンクーヴァー・フォーク・フェスの記事が掲載されています。ご興味がありましたら読んでみてください)

ミラノでは、友人のアルベルト・コッティカ(現フィアンマ・フマーナ、元モデナ・シティ・ランブラーズ)のところにやっかいになり、彼の紹介でレーベルA&Rや評論家に会って、イタリアの音楽シーンの現在について話を聞くことができました。さらにリサーチを進め、もっと知識を得た後に記事にまとめたいと思っています。

そして、ロンドンではカエターノ・ヴェローゾとフィン・ブラザーズ(ティム&ニール・フィン)のコンサートを観ました。
それらはまた改めて。

IMGP1261.JPG
Caetano Veloso @Barbican in London on 06 Nov, 2004 Photo by Tadd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »