« September 2004 | Main | November 2004 »

3 Nights by 3 Singer Songwriters VOL.2

いやーあ、台風の、それも大型台風の多い年ですねえ。
先日、9日のグレン・ティルブルック公演は台風直撃の日と重なったため、大阪から新幹線に乗ったグレン一行が静岡付近で足止めを食らい(結局12時間ほど列車の中で過ごすはめに)、急遽翌日午後に振替えになるというアクシデントに見舞われました。
それでも、翌日はライヴ途中で「外で歌いたいね!」と外に飛び出し、観客を引き連れて道を歩きながら、スクイーズのヒット曲を皆で大合唱なんて場面もあるほど、エネルギッシュで楽しいパフォーマンスを見せてくれました。

さて、同じ主催者が今度は3人のシンガー・ソングライターを集めての3日連続公演
「3 Nights by 3 Singer Songwriters」を行います。
これは2年前に、ブー・ヒュワディーン、ゲイリー・クラーク、リッキー・ロスというメンツで行ったものの長く待たれていた第2弾です。(そのときに3人の対談形式で僕のやったインタヴューがTHE DIGの第29号に掲載されています。編集者がゲイリーとリッキーの写真を間違えてしまってますが・・・)

今回は、ロビン・ヒッチコック、イアン・ゴム(ブリンズリー・シュウォーツ)、クライヴ・グレッグスンという興味深い組み合わせになっています。
ロビンはギリアン・ウェルチ&デイヴィッド・ローリングズと3人で作った新作「Spooked」が出たばかりですね。
クライヴの新作「Long Story Short」はこの来日に合わせて、年末に日本盤が出ます。

3 Nights by 3 Singer Songwriters VOL.2

IAN GOMM
CLIVE GREGSON
ROBYN HITCHCOCK

2005.01.08 (Sat)
open 17:00 start 18:00
adv.¥6,000

2005.01.09 (Sun)
open 17:00 start 18:00
adv.¥6,000

2005.01.10 (Mon/祝日)
open 17:00 start 18:00
adv.¥6,000

会場は表参道のFAB。各日150席を予定。
以下のウェブサイトにアクセスしてください。
http://homepage2.nifty.com/3by3/

P1010034.JPG
Robyn Hitchcock @SXSW04 Photo by Tadd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Vote For Change webcast 生中継中(完)

Bruce Springsteen & The E Street Band
The Star-Spangled Banner (instrumental solo playing with 12 st guitar)
Born in the U.S.A.
Badlands
No Surrender
Deja Vu All Over Again (feat. John Fogerty)
Fortunate Son (feat. John Fogerty)
Because the Night (with Michael Stipe)
Mary's Place
Born to Run (with Mike Mills and Peter Buck)

Finale (All)
(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding
People Have the Power

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Vote For Change webcast 生中継中(続々)

Pearl jam
Setlist included "The New World" (w/Tim Robbins) & Dylan's "Masters of War"

James Taylor
Secret O' Life
Never Die Young
James Taylor & Dixie Chicks
Sweet Baby James
Shower The People
Some Days You Gotta Dance
Dixie Chicks
Truth No.2
Mississippi

Dave Matthews Band
Don't Drink The Water
One Sweet World
Joy Ride
Ants Marching
So Much To Say
Too Much

いよいよ次はブルースです。
現時点で30分押してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Vote For Change webcast 生中継中(続)

Jackson Browne, Bonnie Raitt & Keb Mo
World In Motion
For What It's Worth
I Am A Patriot
Stand Up And Be Strong

Jurrasic 5

REM
"We're REM. We approve this concert."
(大統領選候補者TVCMに必ず入る公認CMを証明する一言のもじり)
The One I Love
Begin The Begin (w/Eddie Vedder)
Leaving New York
Losin' My Religion
Man On The Moon (w/Bruce Springsteen) !!!!!

The next is Pearl Jam.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Vote For Change webcast 生中継中

渡米できるスケジュールとチケットを入手できそうなコンサートの日程が合わず、「Vote For Change」ツアーを観に行くのは泣く泣く断念。
現在(日本時間12日午前中)最後の全員集合コンサートをネット生中継を見ています。

www.real.com

午前8時にアクセスしたら、ちょうどジョン・メレンキャンプが始まったところでした。
番組自体は7時半から始まっていたみたいので、メレンキャンプが最初の出演者なのかどうかは今のところわかりません。
彼が30分やった後に、ベイビーフェイスが〈チェンジ・ザ・ワールド〉1曲を歌ったところで、現在セットチェンジ中。
次はジャクスン・ブラウン、ボニー・レイット、ケブ・モーが一緒に登場します。

始まりました。〈World in Motion〉を3人でやってます。

大体のところのスケジュールです。
7:00ETが日本時間の午前8時です。
つまり、ブルースは11:45からですね。
7:00pm ET: John Mellencamp
7:45pm ET: Jackson Browne
8:30pm ET: R.E.M.
9:00pm ET: Pearl Jam
10:00pm ET: Dave Matthews
10:45pm ET: Bruce Springsteen

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Rattlesnake Annie concert @もっきりや on Oct 23

(主に石川、富山、福井県の北陸地方在住の方へのお知らせとなりますが、もし友人、知人、ご親戚が北陸にお住まいでしたら、情報を流していただければ幸いです)

小生の10数年にわたる友人のラトルスネイク・アニーが10月23日(土)に、こちらも僕が長年お世話になっています金沢市のもっきりやに出演します。
ラトルスネイク・アニーはテネシー州出身で、チェロキー・インディアンの血を引くブルーズ・フィーリングたっぷりのヴェテラン女性カントリー歌手です。
毎年春に日本ツアーを行っているスネイクですが、今回は私用の来日となり、一般向け公演はこの金沢もっきりやだけになります。

詳しいバイオなどは、ラトルスネイク・アニー金沢公演ウェブサイトをご覧ください。
また、長年の大親友に捧げた最新作「Rattlesnake Annie sings Willie Nelson」 に関する情報は、彼女の公式ウェブサイトで。
     
*ラトルスネイク・アニー金沢公演      
2004年10月23日(土曜日) 開場:19:00 開演:19:30
会場 金沢もっきりや
チケット 前売り 3000yen (当日3500yen)

予約は氏名、電話番号、人数を記入の上、E メール あるいはお電話にて、もっきりやまでお申し込みください。
もっきりや
石川県金沢市柿木畠3-6
Tel 076-231-0096
e-mail: mokkiriya@spacelan.ne.jp
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/

お誘いあわせのうえのご来場をお待ちしております。
なお、カントリー、ブルーグラス、ブルーズ、フォーク、ジャズなどを演奏される方は是非とも楽器持参でいらっしゃってください。
スネイクのセットが終わった後に、彼女を交えてジャム・セッションの時間を予定しています。

P1010273.JPG
Rattlesnake Annie @Akabane Woody in April 2004 Photo by Tadd

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »